NHKあさイチ

おはようございます。

早朝大好きの家族信託と不動産に強い相続コンサルタント横手です。

朝の情報番組NHKあさイチで「どうする?実家の始末」というテーマで家族信託が特集されていましたね。テレビで見ていて感じたことは、アナウンサー有働さん、三田寛子さん、イノッチから司法書士への質問からもいかにこの家族信託という制度が知られていないということです。番組の構成としては、認知症対策には後見制度ではなく、家族信託この方法しかないとなっていたと思います。ある家族が認知症と共有名義の問題で実際に信託を利用した事例が紹介されていました。実は、今年の2月に私が出演させて頂いた時のNHKクローズアップ現代に出ていただいた高橋さんとほぼ同じような事例で同じでした。両親が介護施設にそれぞれ入り、お金は毎月かかる中、自宅は、共有名義。片方が認知症になると不動産は売却ができない。その解決方法として、知られていない家族信託に出会う高橋さん。

私も声がかかっていれば。。。有働さんに質問を受ける自分。。。

なんてテレビを見てそう思いつつも、NHKが家族信託を取り上げてくれて嬉しい気持ちになりました。なぜなら、家族信託をしなくてはいけないのではなく、家族信託を知ることによって家族が格段に幸せになる選択が増えることを現場を通して体感しているからです。今日も面談した方は、同居している親が判断能力が衰えてきて、財産凍結してしまうと介護費用を出せなくなることの不安から相談された方でした。世の中には、困っている方がたくさんいますが、現状では、認知症とお金の問題の解決方法としては、後見制度を銀行や行政から勧められるのが実態です。

今日の画像は、どこだかわかりますか?そうです。今オリンピックに向け建設真っ最中の国立競技場です。神宮前でけやき祭に家族で見に行った時にパシャりしました。もう秋が終わって冬突入ですね。家族信託業界は、各方面で、盛り上がっております。来月から私の出版記念セミナーもあり、気分的には、夏突入です!

良い週末をお過ごし下さい!