ご 家 族 の 認 知 症
家族信サポートしませんか?

家族信託に徹底的に特化した日本財託の専門チームが、ご家族が望むライフプランを
実現します。

  • 日本トップクラス!
    豊富な実績
  • NHKクローズアップ現代+などメディア実績多数
  • 相続に強い税理士・司法書士が
    強力にバックアップ

こんな場合には、家族信託を活用しましょう 家族信託を検討すべき3つのケース

親に認知症の予兆がある

親の資産から、入院費や介護費用を支払うことができなくなる

親が認知症で判断能力を失ってしまった場合、親の所有している財産が凍結されます。そうなると、親が亡くなるまで、不動産や銀行預金を動かせません。

家族信託を行えば、子の判断で親や家族のために資産を使える!

  • 信託財産から、親の生活費や療養費を支出できます。
  • 相続税の節税や納税資金を確保するために不動産を売却できます。
  • 利回りの良い資産に組み替えることができます。

不動産(自宅・土地・収益不動産)を複数所有している

不動産の分け方を巡って兄弟で争いごとが起こることも

不動産を共有名義にした場合は、名義人全員の合意がないと 売却できません。
判断が遅れることで、財産価値を低下させてしまうリスクもあります。

家族信託を行えば、財産を共有名義にすることなく、財産管理ができる

  • 子供(相続人)の立場で、法律の裏付けのもと生前に財産管理ができます。
  • すでに共有名義になっている場合に、名義を一本化することによって、一人の受託者で財産管理、大規模 修繕、売却がスムーズにできます。
  • 自宅の承継先を生前に決めることにより、共有問題を回避でき、空き家問題を解決できます。

相続発生後に不動産や現金を渡す相手や順番、条件を指定したい

遺言が書き換えられたり、義娘の家系に財産が流出してしまうことも

遺言では財産を残す人の指定は1 代限り。二次相続の相手先までは指定することができず、お孫さんがいない家庭の場合、義娘の家系に財産が相続されてしまうことも考えられます。

家族信託を行えば、財産の承継先を指定することができ、財産を渡す順番、管理方法も決められる

  • 財産を渡す順番を決めることができます。
  • 相続発生後の不動産と現金の渡し方、管理方法を決めることができます。
  • 遺言の機能を備えることができます。

成年後見制度や遺言、生前贈与とはどう違うの?

.

親が認知症になった場合の、財産の管理や処分

二次相続(最初の相続者が亡くなった後の贈与先)の取り決め

家族間でもめないよう、法的なバックアップを得ながら円満相続

成年後見制度

自由な管理・処分が困難制度の目的は被後見人の財産を守り、目減りを防ぐこと。
財産を処分するには裁判所の許可を得るなど、厳しい制約条件があります。

相続対策はできない成年後見制度は被後見人の財産を守ることが趣旨のため、円満な相続を迎えるための相続対策を行うことはできません。

遺言

遺言は残せない認知症になると遺言を残すことができず、以前にあった遺言を修正することもできません。
また、意思能力の欠如につけこむ第3 者によって、従前の遺言が書き換えられる恐れもあります。

遺言では制約を受けてしまう直接財産を継承する相手を選択することはできますが、その人が亡くなった後の継承先は指定できないので、息子の妻など、血縁関係のない人に財産が渡ってしまう恐れがあります。

もめる原因になる遺言の多くが家族に相談せずに、1 人の意思によって残されることが多いため、亡くなった後に遺言の内容を巡って揉め事が起こることも。

生前贈与

贈与はできない贈与が成立するには贈与者と受贈者両方の同意が必要です。
認知症になると、意思能力が欠如しているとされるため、生前贈与はできません。

受贈者に対して次の贈与先は指定できない財産の受贈者に対して次の贈与先を指定することはできません。
贈与対象者を連続して指定することもできません。

タイミングによる相続対策に、生前贈与は有効な手段です。ただし贈与が成立するには贈与者と受贈者両方の同意が必要です。
認知症になると、意思能力が欠如しているとされるため、生前贈与はできません。

家族信託

契約の範囲で管理・処分が可能現金を収益不動産に組み替えるなどの大きな判断も、相続対策の一環として柔軟に行えます。
親のために税金対策をしたり、介護費用を捻出することもできます。

自由な取り決めが可能遺言の限界を超えて、家族の想いを大切にした資産継承が可能。

家族全員で内容を決めるので、円満相続が実現できる現金を収益不動産に組み替えるなどの大きな判断も、相続対策の一環として柔軟に行えます。
親のために税金対策をしたり、介護費用を捻出することもできます。

親が認知症になった場合の、財産の管理や処分

成年後見制度

自由な管理・処分が困難

遺言

遺言は残せない

生前贈与

贈与はできない

家族信託

契約の範囲で管理・処分が可能

二次相続(最初の相続者が亡くなった後の贈与先)の取り決め

成年後見制度

遺言

遺言では制約を受けてしまう

生前贈与

受贈者に対して次の贈与先は指定できない

家族信託

自由な取り決めが可能

家族間でもめないよう、法的なバックアップを得ながら円満相続

成年後見制度

相続対策はできない

遺言

もめる原因になる

生前贈与

タイミングによる

家族信託

家族全員で内容を決めるので、円満相続が実現できる

家族信託を学ぶ3つのサービス

相続対策のイノベーション!

家族信託と東京・中古・ワンルームで相続対策を考えよう

認知症対策と相続対策に効果を発揮する、まったく新しい財産管理の手法「家族信託」について事例を中心にわかりやすく紹介します。

無料セミナー

相続対策と認知症対策は家族信託で備えよう

書籍「相続対策は東京・中古・ワンルームと家族信託で考えよう」の著者で、クローズアップ現代にも出演した家族信託のプロが、事例を中心にわかりやすく解説します。

家族信託の無料相談会

家族信託のご検討や収入・相続対策としての不動産活用など、 まずはお気軽にご相談ください。家族信託コーディネーターがあなたのご家庭に最適なプランを提案致します。

家族信託に特化した専門家が、細かいお悩みまで解決!

横手 彰太

資産コンサルティング部
シニアマネージャー
家族信託コーディネーター

1972年生まれ、中央大学卒業後、スペイン留学を経て大手上場企業に就職。その後、独立して北海道ニセコで飲食店経営に従事。

お客様の資産運用や相続対策コンサルティングなどを中心に行い、これまでの家族信託に関する相談件数は450人以上、80件以上の家族信託契約に携わる。お客様向けのみならず、税理士・FP向けの家族信託セミナーにも講師として多数登壇。

自身でも家族信託を活用した経験を活かし、具体的でわかりやすいことを心がけ、常にクライアントファーストの姿勢を貫いている。著書に「相続対策は東京中古ワンルームと家族信託で考えよう」


≪出演・取材協力≫

「クローズアップ現代+」2017 年2 月28 日放送『さらば 遺産"争族"トラブル ~家族で解決!最新対策~」

「AERA」2017年1月23日号『親子の大問題 相続 認知症で実家が売れない!』

長谷 和寿

資産コンサルティング部
コンサルタント
家族信託コーディネーター

1981年生まれ。プロ野球選手を目指し、大学まで野球部に所属。その後、青年海外協力隊の野球隊員としてブルガリアとニカラグアに赴任。

ブルガリアでは赴任中EUに加盟した結果、急激なインフレが起こり、3日間断食せざるをえない程の貧困生活に陥る。

これを機に、お金のことを真剣に考え、帰国後にFPの資格取得。

外資系保険会社の勤務経験から相続対策として保険活用を得意としている。

関根 純

資産コンサルティング部
コンサルタント
家族信託コーディネーター

1991年生まれ。大学卒業後、富裕層をターゲットとした不動産賃貸仲介・管理の仕事に従事する。

仕事をする中で、資産をお持ちのお客様の悩みは相続や節税などにあるということに気づき、顧客目線で相続対策を第一線に行っている日本財託に入社。

「お客様の幸福を追求する」をモットーにお客様の真の悩みに向き合い、最適なご提案を行なえるよう日々精進している。

小澤 俊尚

資産コンサルティング部
コンサルタント
家族信託コーディネーター

1976年生まれ。大学卒業後、大手不動産仲介会社に就職。賃貸仲介・精算業務・入居者のトラブル対応など幅広く業務に従事する。

日本財託に入社後、オーナー様からお預かりした不動産の入居者募集業務に携わる。オーナー様の資産管理により役立ちたい、家族信託を伝えたいという想いからアセットプランニング課に異動。

以来、家族信託を通じてお客様の資産管理、認知症・介護問題等の悩みに寄り添いコンサルティングを行う。家族信託のみならず、不動産の賃貸管理にも精通していることが強み。

主なサポート内容

  • 家族信託コーディネート

    家族の財産は家族の手で守る時代!

    いま注目の家族信託について、一般社団法人家族信託普及協会のライセンスを保有する専門家がコーディネートします。

  • 不動産売買プランニング

    ワンルームマンションを活用した収入・相続対策から、すでにご所有の不動産の売却・組み替えまで、ご相談者様一人ひとりに合った不動産売買をプランニングします。

  • 空室解消コンサルティング

    年間平均入居率99%以上の実績に基づいた空室解消相談を実施。

    満室経営につながるよう様々な提案を行います。

  • 保険活用コンサルティング

    遺産分割対策や節税対策に有効な保険の活用をご提案します。

書籍の出版・メディアの掲載実績

新刊書籍の紹介

親が認知症になる前に知っておきたいお金の話
―いざというときに困らないための「家族信託」

あなたは知っていますか? 認知症介護における金銭面の大きな落とし穴を――。

働き盛りの世代にとって、親の介護は自分の生活にとっても大問題となります。中でも認知症には、他の病にはない「親の財産が凍結してしまう」というリスクがあるのです。

本書は、認知症問題に対する具体的な解決手段として、「家族信託」という新しい手法を提案するものです。家族信託の具体的な運用方法に加え、様々なケースでの最新活用事例を盛り込み、相続の知識ゼロからでも理解できるようわかりやすく解説しています。


株式会社日本財託

資産コンサルティング部 家族信託コーディネーター

横手 彰太

無料相談のお申し込みはこちら

「家族信託」は、背景によって様々な方法があります。
あなたの状況や希望をお聞きした上で、専門的な視点から、最も良い解決方法を一緒に考えます。

※下記のメールフォームまたは電話番号より、無料面談をご予約いただけます。まずはメールやお電話での相談をご希望の方も、こちらからご連絡ください。2営業日以内にご返信させていただきます。

ご希望場所 必須
  • 地図

    ・新宿駅西口より徒歩5分

  • ご自宅や会社、その他ご指定の場所に全国出張致します
    ご希望の場所をご記入ください。

ご予約
希望日時 必須
  • 時間帯 

※土・日・祝日のご相談をご希望の方は、平日9:00~18:00迄にお申し込みください。
ご予約のないご来社の場合、対応できないケースがございますので、予めご了承ください。

お名前 必須
フリガナ 必須
電話番号 必須
(ハイフン無し)
メール
アドレス 必須
日本財託を知ったきっかけ 必須

「ご紹介」あるいは「その他」をお選びいただいた方は、
紹介者名または具体名をご記入ください。

ご意見・ご要望等 任意

※面談ご予約の場合も、ご相談されたい内容を簡単にお書きいただければ、
面談時により具体的なお話をさせていただけます。