入園して1分でパンダ

こんにちは。

今の上野動物園は、完全予約制です。急に思い付いて、ちょっと動物でも見ようかと上野動物園に向かっても入れません。その恩恵でしょうか。今回15時15分の予約をして入り口に到着するとすでに長蛇の列。15分ごとに入園規制されておりました。予約をしていたQRコードを確認されて入園できます。上野メインの入り口を入ると、右手のパンダ館があります。すでに長蛇の列ができていましたが、なんと入園するとすぐ、パンダ館に待ち時間なしで入れるのです。

つまり、入園して、1分後には一列目から生パンダと対面です。(写真撮影はNG)

そして夕方は食事時間で、笹に囲まれたパンダがむしゃむしゃと食べて活動的でした。いきなりパンダタイムで贅沢な時間です。もし、写真を撮りたい人は、また列に並ぶ必要があり、今度は2列目から写真、動画オッケーです。私が見た長蛇行列は、2巡目で写真を撮りたい方でした。およそ3,40分待ち。夕方だからでしょうか。行列に並ぶ方の顔ぶれは、30代から70代まで望遠カメラを肩にかけたパンダ狂の方が列をなしていました。感覚的ですが、望遠レンズがほぼ10センチオーバーの方がほとんどと思えるほど皆さん高級一眼カメラをもっていました。パンダの力おそるべし。我々はパンダもそこそこで、象コーナーに移動。なんと前日に、10月31日に赤ちゃんパンダが生まれました!外で観ることはできませんが、施設の方が撮られた赤ちゃん象をみました。春になればデビューになるのでしょうか。パンダ以上の人気がでるのでは。象ファンではない私もも人目みたくなります。

知らない間に西園に新しいパンダ館がでてきました。ここも、長蛇の列。夕方でも3,40分待ちでした。笹に囲まれてなかなか顔が見えません。西園のおかげで、上野動物園が全体的に活気がでてくる効果があると思います。

久々の上野動物園でも大きな変化がありました。コロナの影響でしばらく予約制が続くかと思います。意外に夕方の動物園は、しずかで、各動物のもぐもぐタイムが見れていいかもしれません。

自分が好きな時間に見ることはできませんが、コロナのおかげで新しい気づきもありました。その後は、明治神宮に移動して、100年鎮座のライトアップを見てきました。

 

 

無料セミナー | 親が認知症になる前に知っておきたいお金の話

「親が認知症になると財産が凍結してしまうのを知らなかった」という声をよく聞きます。あなたはご存知でしたか?
親の財産が凍結されると、

  • 自宅を売りたくても売れない
  • 所有している部屋を貸したくても貸せない
  • 預金を引き出したくても引き出せない

といったことが起こります。つまり、親の介護のために親の財産を使うことができなくなるのです。あなたが「介護破産」をしないために、今できる「備え」があります。認知症とお金の問題を解決するセミナーに参加してみませんか?

コメント

© Copyright 2017 家族信託と相続 All rights reserved.

家族信託を検討中なら、無料セミナーにいらっしゃいませんか?

運営:株式会社日本財託

家族信託を検討中なら、
無料セミナーにいらっしゃいませんか?
運営:株式会社日本財託