父の日にオキシトシン分泌

こんにちは。

先日父の日は、サプライズお手紙。今我が家ではプチブームの4コマ漫画です。小5の長男が書いてくれました。手紙+アルファで、特別チケット付き。週末サッカー券(長男)、朝ばいばい券(次男)と父親にとっては、一つ一つの特別チケットがプライスレス。最近、小さい幸せに気付けるようになりました。数年前であれば、毎日が遊びがない車のハンドルのようで、危険な状態でした。今は、どんなことでもアソビ部分を残していれば、爆発的にきれたり、怒ったりすることはありません。と書きながら、かみさんから「いつも突然なぞに怒ったりして、よくそんなこと言うねー」と指摘があるかもしれません。そうです。自分のことは、自分ではよくわからないものです。常に、もう一人の自分で、自分を見るように意識しています。

私の似顔絵。つい先日、正直にお父さん剥げている?と4歳の次男に聞いたところ。

「ヒダリスコシ」と言われました。。。。。。

ということで、長男の書いた私の似顔絵は、微妙に左側が薄くなっている。絵が上手になったものだ。セロトニン、オキシトシンと常に言っているので、長男はもう幸福度が上がる二つの幸せホルモンのことを知っている。人生のベースである。ベース、土台はいくら固めても大きくなって損をすることはない。とはいえ、夜のアイスやお菓子を食いまくるのを見ているとまだまだドーパミンの影響を受ける年ごろだとわかります。ドーパミンの影響を受けない環境を作るのが親の大事な仕事である。

 

無料セミナー | 親が認知症になる前に知っておきたいお金の話

「親が認知症になると財産が凍結してしまうのを知らなかった」という声をよく聞きます。あなたはご存知でしたか?
親の財産が凍結されると、

  • 自宅を売りたくても売れない
  • 所有している部屋を貸したくても貸せない
  • 預金を引き出したくても引き出せない

 

といったことが起こります。つまり、親の介護のために親の財産を使うことができなくなるのです。あなたが「介護破産」をしないために、今できる「備え」があります。認知症とお金の問題を解決するセミナーに参加してみませんか?

コメント

© Copyright 2017 家族信託と相続 All rights reserved.

家族信託を検討中なら、無料セミナーにいらっしゃいませんか?

運営:株式会社日本財託

家族信託を検討中なら、
無料セミナーにいらっしゃいませんか?
運営:株式会社日本財託