金沢鼓門

こんにちは。

認知症が引き起こすお金の問題を解決する専門家の横手です。

先日、人生で初めて石川県の金沢の地に降りました。当然、新幹線のかがやきも初乗車です。ちょうど2時間半といえば、東京から大阪の乗車時間と変わりません。駅を降りると巨大なモニュメント鼓門が目に入ってきます。伝統と芸能を大切にされていた加賀藩の想いをいきなり感じることができます。世界で最も美しい駅14選に選ばれたのも納得できます。(ちなみに6位)

さて、家族信託の相談は、加速して、面談する場所も全国に広がっています。少し、家族信託と脱線しますが、地方に出張するたびに感じることがあります。

地方の主要都市はどこもJRの駅ナカが再開発され、人の流れを変えてしまっていることです。仙台も、岐阜も、福岡も、鹿児島も、どこも県庁所在地のメインの駅に近代的な商業施設が迎えてくれます。車で10分も走らせると昔ながらのエリアは、シャッター通りを目にすることになります。先日セミナーで行きました北海道札幌も同じことが言えます。

札幌駅に大丸とステアパレス(商業施設)、日航ホテルができてからは、商店街で有名な大通りとススキの間にある狸(タヌキ)通りの集客力は低下しました。札幌駅の隣にヨドバシカメラもあり、大型書店の紀伊国屋もあり、すべての買い物と飲食が駅ナカまた、駅前で完結してしまうのです。寂しいことに全国の主要な駅で同じことが起きていると出張の度に感じます。

個人的には、江戸時代を感じさせてくれる古い街並をブラタモリ風に歩くことが大好きですが。。そこに美味しい手打ち蕎麦屋があったらさらに最高ですが。。

さて、金沢をゆっくりして兼六園を散策したかったのですが、金沢滞在は、わずか2時間でトンボ帰りでした。次回は、「家族の最前線シリーズ」で金沢を訪れてみたいと思います。

今日も、家族信託の最前線は、活発です。