130名参加!出版記念セミナー

こんにちは。

一昨日無事出版記念セミナーが終えて、一息の横手です。有難いことに朝から冷え込みが厳しい中約130名に方にご参加頂きました。

80歳近い方もご参加頂き、本当にセミナー会場にお越しいただくまでの移動と寒さとの戦いで一苦労があったと想像します。

私も通常以上に気合が入りました。実は、ちょっと前まで、激しい咳に悩まされ当日までコンディション作りに家族も巻き込み調整いたしました。0歳の子供が夜鳴きをするので、カミさんが気を利かせて前日は別の部屋で寝てくれたりと感謝しかありません。今でのセミナーとの違いは、テーマです。本のタイトルの通り、「親が認知症になったら知っておきたいお金の話」が軸となり、今までの認知症対策の問題点を徹底的に解説し、後半は、その具体的な解決方法を話しました。

現場でお客様と接していると本当に認知症とお金についての情報が正しく伝わっていないと感じます。

おかげさまで、個別相談も当日後日もあわせて40名近い方の希望があり、関心の高さを感じることが出来ました。なかには、本を読んで参加したが、本を読む前までは、後見制度しか頭にしかなく、このセミナーがなければ、任意後見制度を利用していたという方が二人もおりました。将来的には家族信託は、必須になるというお言葉を75歳の方からも頂きました。

来月は、新しい企画で、「介護施設の選び方×家族信託」というセミナーがあります。

75歳以上の方でまだ介護施設に入っていないという方は是非とも聞いて頂きたい内容です。誰もが自分の両親は介護施設にお世話にならないと思っておりますが、現実はそう甘くはありません。入る前提で考えていかないとお金の工面が間に合いません。次回のセミナーは、2月24日(土)です。